Here you can put the main copy.

仕事を知る

お客さまの声に耳を傾けることが先決です

これからのフレンドピースを担ってくれる人材を探しています

左寄せ画像

 フレンドピースのこれからを担ってくれる人材を採用したいと考えています。もちろん、何も会社側から提供せず、努力だけを要求するということはありません。挙がった成果に対しては、やはりしっかり報奨を提供します。やる気アップにつながる取り組みは多数あります。ただし、何よりも大事にしていただきたいのはお客さまのことを考えるということです。“顧客ファースト”の精神を忘れずに取り組める人を求めます。それから、せっかくやるのであれば楽しくやろうという前向きな心持ちの方に、ぜひ来ていただきたいと願っています。

営業はその人にぴったりの車を見つけるお手伝いです

 車の知識は当然必要になりますが、それは仕事をしていけば、ある程度自然と身についていきます。その身についた知識をベースに様々な経験を積むことで、より知識を深め、広げることができます。また、営業というと話が上手でなければならないというような固定観念をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、言葉はうまく出なくても構いません。それより、お客さまの話されていることの真意をしっかりつかみ、行動することのほうがよほど重要です。その点を忘れずに接客をしていれば、口下手であろうとお客さまとの信頼関係は構築できます。それから、飛び込み営業というものはまずありません。全ての所有車をインターネットの販売サイトに掲載しますから、今は、お客さまはそれを見て来店されるケースがほとんどです。いわゆる反響営業ですので、ある程度、購入の心づもりをしたお客さまが相手になります。何を実車で確認したいのか、何が気になっているのかといった点を重視して、お客さまと付き合っていただければ、仕事はスムーズにいくはずです。買取では、車を売りたい方の情報に対してアプローチし査定をさせて頂くこちらも反響型の営業が主体となりますのでご安心ください。

整備士は車を知るプロであり、また、車を楽しんでほしい

 整備士という仕事に誇りを持ち、また、入社してからは当社の整備部門、ひいては当社自体に高いロイヤリティを持っていただける方を望みます。質の高い仕事には当然、誇りが重要になります。技術習得にもそうした誇りをお持ちの人は熱心ですし、実際、技術向上も速いはずです。いずれにしても、車は今、贅沢品の一つになっています。そして、趣味の意味合いも強い。ですから、そこに携わる人はプロ意識を持つとともに、車を楽しむことが大事だと思います。同一メーカーの車だけでなく、さまざまなメーカーの車に触れるのも当社整備工場の魅力として、整備士のかたがたには映るのではないでしょうか。いろんな車に触れてみたいという方、ぜひ、(株)フレンドピースに目を向けてください。