Here you can put the main copy.

社長を知る

車は趣味品でもあり必需品でもあります。全てのお客さまに大満足を提供したい

2011年4月に創業した会社です

左寄せ画像

(株)フレンドピースの代表取締役を務めさせていただいております佐々木友和ともうします。22歳から自動車買取・販売をなりわいとしてきまして、2011年4月に独立起業、(株)フレンドピースを創設しました。サラリーマン時代は大手チェーンの中古車買取店勤務をいくつか経験しましたが、自分の会社を持ちたいと、事務所はマンションの一室、スタッフは私ともう一人の2人、というところから『車買取レックス』をスタートさせました。2011年4月というと東日本大震災が起こった直後にあたり状況的には混乱していましたが、仕事自体はお客様に恵まれ、順調に回っていきました。車の買い取りを前面に出した、「クルマ買取レックス」から始まった会社ですが、2012年1月には、時代のニーズに合わせ、ハイブリッドカーのみを扱う「ハイブリットカー専門店Leaf」という専門販売部署も立ち上げることができました。2017年4月にはある種、仙台市では自動車販売のメッカとも言える、国道45号線沿い宮城野区扇町に「ハイブリットカー専門店Leaf」の新店をオープン・更に「車買取レックス+ダイレクトショップ」をオープンさせています。

販売からアフターフォローまでワンストップサービスを提供します

私は自動車というのは、基本的に地方では必需品であり、また、高級品・趣味品であるという考え方をしています。ですから、ご来店してくださるお客さまに、そして、車に敬意を表し、店舗は清潔にし、スタッフの身だしなみにも気をつけているつもりです。お客さまが潜在的にであっても、中古車販売店に求めるのは、ワンストップでサービスを受けられることが大きいと感じています。車を販売しているだけでなく、パーツやアクセサリー、タイヤなども扱い、そして、アフター整備も任せられる、そうしたものがお客さまに与える魅力は相当なものがあると確信しています。お客様の安心・信頼の為、2017年の『ハイブリットカー専門店Leaf』オープンと同時に分解整備も行える『運輸局指定認証工場』も同時オープンいたしました。

アットホームな雰囲気づくりをしています

 私が社長でいられるのは社員の皆さんがいてくれるからです。私は社員に対してファミリーだという認識を持っています。ですから、私との間だけでなく、社員同士のコミュニケーションも闊達にできるようアットホームな雰囲気づくりに努めています。実際、現場からもよく意見が挙がってきますし、社員同士、助け合っている姿が見られます。このことは経営者である私の一つの自慢です。
私は当社10期目に当たる、21年までに「クルマ買取レックス+ダイレクトショップ」、「ハイブリットカー専門店Leaf」ともにもう1店舗ずつ増やし、仙台にて計4店舗の出店構想を持っています。それに伴い、営業部門、整備部門ともスタッフの増員を計画しています。必ず活躍できる場は整えますので、車が好きで、車の仕事に携わりたい方、ぜひ、当社に興味を持っていただきますよう、よろしくお願いいたします。